2017年08月27日

独立のタイミング

20170827.jpg

「会社を辞めてフリーランス翻訳者として独立したいけど、タイミングが分からない」という相談をたまに受けるんだけど、よくよく聞いてみるとみんな行き着くところは「独立したいけど、これまでの安定した生活と収入を手放すのが怖い」なんだよね。

そりゃそうだよね。この先やっていけるか不安だよね。うん、うん、分かる。

でもさ、「フリーランスに...」って言い始める人たちは、やっぱりそれがいつも心の中にあるから言葉にするわけじゃん?そういう人たちってハタから見てると、無意識のうちに独立に向かって歩みを進めてるような気がするんだよね。ただ、それと同時に「独立してダメだったらどうしよう」っていう不安が拭えないっぽい印象かな。「稼げなかったらどうしよう?生活費もままならなくなったらどうしよう?」みたいな。それで、「もっと勉強してからでないと」とか言いながら、チャンスを逃したりついつい先延ばししちゃったりすること、あるんじゃないかな。それなら逆に聞くけど、あとどれだけ勉強したら、フリーランスでやっていけるって100%自信が持てるのかな。

こんなこと言っていいのか分かんないケド、ダメな時はダメだし、うまくいく時はうまくいくんだよ。だから安心して(?)最初の一歩を踏み出せばいいと思うよ。

20代とか30代ならさ、失敗したらまたどこかで職を探せばいいよ。「独立したのはいいけど、例えば10年後に廃業したらどうしよう、そんな年齢じゃもう再就職ムリ」とか思う人いるかもしれないけど、そもそもフリーランスって最初の1年で30%は廃業するらしいから、再就職間に合うよね!(笑)そんで、10年間生き延びることができるのは10%程度っていうから、廃業した順にみなさん再就職すればいいし(笑)、もし10年間フリーでお仕事続けられたんだったら、それ以降も大丈夫なんじゃないかなと思うぞ。

40代以降のみなさんは、フリーランスとして独立して勝算あるかどうか判断できるくらいのビジネスセンス、それまでの社会人生活で身に付いてるよね?

どっちにしても翻訳業で独立する場合は、円満な退職がおすすめだよ(いや、どんな場合であっても円満退職はおススメしたいけど)。私の例でいえば、元取引先がお仕事くれたり、元同僚が転職先からお仕事くれたりしたから。こういうありがたいつながりがあると、独立直後なんかは特に助かったりするよ。

知らない世界に飛び込むのってこわいし、私もこわかった。だからこわいって言う人の気持ちすごーく分かる。でもね、飛び込んでしまえばなんとなかなるっていう経験も、たくさんしたよ(いまだに試行錯誤は続いてるけどね・笑)。個人的にはさ、コツコツと準備を進めてると、なにかのタイミングで「今が独立のチャンス!」って瞬間が、なんとなく直観として分かるんじゃないかなって思うんだよね。そんな時は、直感に従って勢いに乗ってみてもいいんじゃないかなと思うよ。

フリーランス翻訳者を目指してるみなさん、がんばれ♡

posted by まみ at 22:25| フリーランス生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

皆既日食と自然

20170825.jpg

アメリカで皆既日食があったね。

日本からは観測できなかったから、私はNASAのインスタで、美しい写真を堪能したよ〜。

ところで今日、Live Scienceっていうウェブサイトでこんな記事を見つけたよ。

The Solar Eclipse Had a Spooky Effect on Nature


超ざっくりかいつまんで言うと、皆既日食中、自然界の様々な動植物が、ちょっとおかしな行動をしたり、ふだんは夜にだけ見せるしぐさや反応を見せたりしたよ、というお話。iNaturalistというアプリを通じて一般ユーザから寄せられた報告によると、日が沈むと閉じる花は閉じ、夜に身づくろいをする動物は身づくろいをしたそう。その他にも普段は見せないような動きを見せた動物のエピソードもあったりして、地球上の自然はこんな風に宇宙に影響されているのだなあと興味深く記事を読んだよ。

ところで自然界の様々な動植物というと、私たち人間ももちろんその一部。だから他の動植物のように生物学的なレベルで皆既日食の影響を受けても良いはずなんだろうけど、私たちは他の動植物の「観測者」としてこのイベントを楽しんだというのがちょっぴり不思議。私たちが皆既日食中、例えば睡魔に負けるといったようなことがないのは、「まだ眠くなるべき時間じゃない」という理性が皆既日食の影響に勝っているということなのかしら?それとも、気付かないところでちゃんと何らかの影響を受けているのかな。

どうなんだろー?

posted by まみ at 19:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

iPhoneのユーザ辞書が消えたハナシ

20170824.JPG

iPhoneにはユーザ辞書っていうのがあって、例えば「こーひー」ってタイプすると画面に「☕」の絵文字が入力されるよう設定できたりする。私の場合は仕事メール用にこの機能を利用していて、たとえば、「いつもた」と入力するだけで「いつも大変お世話になっております。XXX(←私の苗字)です。」と一気に変換されるようになっていたり、取引先名も同じような感じで、ひらがな数文字で社名から担当者名までサクッと画面に入力されるように設定してある。

それがこの前、いくら「いつもた」とタイプしても、うまくいかない。あれ?と思いながらも今度は取引先名を入力しようとしたところ、やっぱりちゃんと変換されない。あれれ?

おかしいなと思って念のためユーザ辞書を確認したところ、なんと登録した単語がキレイさっぱり全部消えていた。えー?なんでー?!
続きを読む
posted by まみ at 15:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする