2018年07月08日

違和感の正体

20180708.jpeg

ここ数年、夫婦別姓について話し合われることがちょいちょいあるよね。

そんで、「夫婦別姓だと家族としての絆が生まれない」みたいな反対意見を何度か聞いたんだけど、それを聞くたびに「あれ?なんだろ?なんていうか、それ、なんかおかしくないかい??」ってずっと思ってたんだよね。

で、先日やっと、私の中にあった違和感の正体が判明〜♪

あのさ、「家族になろう!」ってカップルが一番盛り上がってる瞬間ってさ、たぶんほぼ例外なく、結婚する前なんだよね。つまり、2人は別姓なんだよね。別姓時代に一番「家族になりたい」欲があって、「これから一緒に人生を歩んでいこう!」っていう強い覚悟が生まれるんだよね。

そう考えるとさ、結婚を決めた別姓2人の心の中にはすでに家族としての絆が生まれてるか生まれかけてるわけで、その絆の将来を決めるのは、結婚して名字をそろえるかどうかではなく、結婚した夫婦が作る「家族」っていうチームがどんな生活を送るかなんだと思うんだよね。

「夫婦別姓だと家族としての絆が生まれない」に私が違和感を覚えたのは、私が「家族の絆は2人が結婚を意識した時から生まれる」と思っている一方で、夫婦別姓反対派は(私の憶測でしかないけれど)「家族の絆は結婚して姓をそろえた時に生まれる」と思っているからかもしれないな〜。

どうなんだろう〜?

ちなみに私は、「みんな、自分が好きなようにすればいいんじゃない?」派だよ〜。

posted by まみ at 23:57| 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月07日

ちょっぴりおねだりしよう

20180707.jpg

ヘアサロンだとロングヘアに追加料金がかかったり、クリーニング屋だとしみ抜きに料金がかかったり。あるあるだよね?

翻訳者っていうかフリーランスの私たちも、いつもとちょい違う感じのご依頼には、いつもよりちょい増しで報酬をお願いしてもいいと思うんだ〜。

たとえばさ、翻訳者の場合はたまーに、文字数や単語数がほんのちょっぴりの案件が来たりするよね。そういう時って、案件はミニミニサイズですぐ終わるのに、納品のお作法はいつも通りだから、そこは普段通りに手間がかかっちゃう。そんな時は、打診してもらった時点で「一式〜円ならOK」(いつもの単価の数割増しで計算)とお返事してみるといいと思うよ〜。それでもあなたにお仕事をしてもらいたいっていう案件なら提示料金にOKが出るし、そうでもないならその案件はほかの人に行って、あなたの手間は省けてラッキー♡ ちなみに、こういう時のために最初から「ミニマムチャージ」を設定しておくのはおすすめだよ〜。

やたらめったらお急ぎの案件も一緒。そういう時って、たぶん翻訳会社は全然気にしてないと思うけど、こちらからしたら「今やってる案件やそのほかのことをいったん保留にして、こっちの案件をお願い!」って言われているわけだから、その分の迷惑料...はちょっと違うかな、手間賃(?)をいただいてOKなはず。これも「一式〜円ならOK」(こちらもいつもの単価の数割増しで計算)とお返事してみるといいよ。継続案件かなんかであなたにお願いしたいのならその料金でOKってなるし、その追加料金をケチっちゃうのなら、これから大急ぎでほかの翻訳者さんを探してもらえばいい話。

お金にがめつくなりましょうというお話ではなくて、「時間と労力を費やす作業をお願いされたら、その分正当な対価はいただきましょう」というお話だよ〜♪

posted by まみ at 11:39| 職のハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月06日

ラッキー案件

20180706.jpg

日々いろんなお仕事がやってくるんだけど、たまーに「過去案件の訳文をできる限り流用してください」みたいな指示が来ることがあるんだよね。年次報告書みたいに定期的に作成される原稿とか、販売期間中いつも同じフレーズを使いたい製品案内とか、用語や表現を終始統一したいプロジェクト関連書類とか。そうするとね、例えば95%過去案件からコピペで、残りの5%は数字や表現をちょいちょいっと今回用に修正して終了、みたいになることがあるんだ〜。

機械的な作業だから正直途中で飽きてしまいそうになったりすることはあるんだけど、それでも納品前の訳文チェックはラクラクだし、もちろん通常通りに報酬はいただけるから、私にしたらラッキー案件♡

1〜2か月に一度のごほうびみたいな感じかな〜。そういう日は思いのほか早くお仕事終えられるから、ちょっとゆっくりできて嬉しいぞ♪

ちなみに、「過去案件と用語や表現を統一してね」って指示された時は、神経質すぎ?って思えちゃうくらい細かく統一をはかるといいよ〜。訳文をクリエイティブにアレンジしたり作成したりしちゃうと逆にクレーム来ちゃうことあるから、気を付けようね〜!

posted by まみ at 16:22| 職のハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする