2017年08月04日

フリーランス向け保険&福利厚生制度「ベネフィットプラン」

20170804.jpg

少し前にこんな記事を見つけたよ。

年会費1万円で受けられるフリーランス向け福利厚生制度「ベネフィットプラン」が7月からスタート

とても分かりやすくまとめられているので詳しくは読んでもらえればと思うのですが、超ざっくり概要を説明すると、年間1万円の会費でフリーランスにとってありがたい保険(納品物の瑕疵とか業務中の事故とかをカバー)と、人間ドックやコワーキングスペース優待といった福利厚生プログラムに加入できますよ、という制度。

現在フリーランサーって1000万人以上いるらしいんだけど(ほんとう?そんなに??)、これからどんどん増えたとしたら、こういうフリーランス向け商品をリリースする企業も増えてきそうね。

内容を読んで「これはいい!」と思えば、フリーランス協会の入会承認を受けた翌月15日から補償期間が始まるし、(ただし今はテストマーケティング期間中で、一般的な会員募集が始まるのは秋頃からだそう。くわしくはこちら)、もし今すぐ加入する必要という心配がないのならこの「ベネフィットプラン」を基準値的にとらえて、将来ほかの類似商品が出てきた時の比較検討材料にするのもありよね。

私もこれから補償内容とか読んでみようと思うよ。

☕ フリーランス協会による「ベネフィットプラン」の説明はこちら

posted by まみ at 10:00| フリーランス生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

翻訳業と英語の資格

20170731.jpg

翻訳者ですって自己紹介すると、「TOEIC何点くらいで翻訳者になれるんですかー?」とか「英検ってやっぱり1級とかなんですかー?」みたいなことを聞かれたりするんだけども、私、TOEICも英検も受けたことないんだよね〜。大学はカナダに留学したからTOEFLは受けたけれど(もうそれも何年前...いや何十年前かしら)。

翻訳会社のトライアルを受ける時って応募条件として「実務経験○○年以上」(←よくあるのは3年とかね)みたいなことが書かれていたりするけれど、英語の資格を絶対的な条件にしてるところって、私、これまで見たことあったかなあ?TOEICや英検を受けたことがないという理由で、トライアルに落ちたこともないよ。これまでそもそもトライアルに落ちたことないから、信じてもらって大丈夫だと思うぞ(えへん)。

まあ私一人の例で「翻訳者になる目的で英語の資格を取る必要はない!」って断言するのもアレだけど、結局はトライアルに受かる語学力(英語と日本語両方)とトライアルを受ける分野の知識があって、受かった後の最初の仕事をぬかりなくこなす力があれば、最初の一歩を踏み出せるんじゃないかな。ちなみに私は、トライアル合格後の最初のお仕事が「本当のトライアル」と思って取り組んでるよ。

ちなみに、インターネットとかでたまに「翻訳のお仕事ってこんな感じ」みたいな紹介記事があるけど、そこに「TOEICは少なくとも○○点必要です」とか書かれてたら、その記事は取材ではなく先入観ベースで書かれてるのかもしれないぞ(あくまで可能性だけど)。気を付けようね (*^ー゚)b 

あとさ、自分が日英翻訳者だから英語の資格の話を書いちゃったけど、他の言語を扱う場合は状況が異なるかもだから、そこも気を付けてね〜。

posted by まみ at 10:00| フリーランス生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

安売りダメ、絶対。

20170727.jpg

とても安い洋服を買った時。
とても安く食事をした時。

その洋服が気に入れば「○○円にしてはなかなか使えるわー」と思い、その料理が美味しければ「○○円にしてはなかなか美味しいよね」と思う。でも、「いやいやこれ本当はその3倍くらいの価値があるでしょ。今からでもお店に値札の3倍払いに行こう」なんて思う人はそういないよね。

翻訳、っていうか、どのお仕事も同じじゃないだろうか、と思う。

どんなにいいお仕事をしても、安く提供してしまえば「○○円にしてはいいんじゃない?」と言われて終了。決して「○○円って言われたけど、今からでも "その倍払いたい" って伝えよう」なんてお客様は思ってはくれないよ。これ、自分が客の立場なら分かるよね。

どうせ同じいい仕事をするならさ、「ちょっと高かったけど、その価値あったわ」と言われようよ。そうなるように自分をマーケティングしていこうよ。

世の中には、技術に見合った対価を快く支払ってくれる人や会社、探せばちゃんと存在するよ。

posted by まみ at 10:00| フリーランス生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする