2018年04月10日

急に迷うよ

20180410.jpg

人生は選択の連続っていうし、誰だって「これがベスト!」と思う選択肢を毎回選び取っているよね。少なくともそうしようとしてるよね。

人生それでハッピーな状態が続けばいいんだけど、なかなかそうもいかないんだよね〜。気付けば新たな迷いが生じて、新たな選択が迫ってきちゃう。

なぜこんなことを書いているのかというと、自分が今の仕事を本当に好きなのか、急に迷い始めちゃったからなんだ。

私が今のお仕事に就いたのは、なんというか、流れに身を任せた結果なんだよね。できることをやってたら、それがそのままお仕事になったパターン。仕事が来ては受け、また来ては受け、たまにお客様に喜んでもらって私も嬉しくなって。そのサイクルを当たり前のものとして受け止めていたんだよね。仕事は難しくて大変だけど、「イヤだ」と思ったことはなくて、それだからか、自動的に「私はこの仕事が好きなんだな」って思っていたの。それが、今日、「そろそろ新規取引先を開拓してみようかな〜」って思ってプロフィール書類を更新していたら、「私これ、本当に提出したい?トライアル受けたい?取引先増やしたい?この仕事続けたい?」って急に分かんなくなっちゃった。あれれ〜?

こういうのって、一晩寝ると解決するのかしら?今まで自分の仕事を疑問に思ったことすらなかったから、こんな風に迷ってる自分に驚いてるよ〜。

もしかして人生の岐路?そんな大げさなものでもない?
どうなるんだろ〜?

posted by まみ at 18:14| 職のハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

時間がかかる人

20180409.jpg

お出かけから帰宅した後、仕事を開始するまでに、私、時間がかかるんだよね。

理想としては、帰宅して、着替えるなり片付けるなりアレコレして、さくっと仕事を開始、なの。でも現実はというと、仕事しようと思えるようになるまでに、少なくとも1時間はぼーっとしてしまう。ま、たいていお気に入りのウェブサイトを巡回してる感じなんだけど。

ぼーっとすること自体は悪いことじゃないと思うの。問題は、急いで仕事しないといけない時にまで、ぼーっとしてしまうことなんだよね〜。お出かけで消耗した体力と気力を回復させるのに必要な時間なのかなって思うんだけど、そもそももっとスタミナがあれば、そんな時間いらないんだろうなあ〜。

同業者さんの話を聞いてると、みんな、出かけるギリギリまでしっかり仕事して、家に戻ったら「さあ、続きだ!」って感じで動けるみたいなんだよね。

うーん、すごいなぁ〜。

posted by まみ at 10:00| 職のハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月21日

「フリーランス」の印象って

20180321.jpg

昨日と今日とお仕事をお休みして、家でのんびりごろごろしているよ〜。2月のアタマから始まった大きなお仕事をやっと納品できて、1か月半ぶりのお休みなんだ。やっほう!今週はもうこのままずっとお休みでもいいかな〜♪

お休みは1か月半ぶりだけど、お友達とランチしたりヨガ教室に通う時間を捻出できたりできるのは、拘束時間がないフリーランス翻訳業のいいところ。お昼はうんと楽しんでその後深夜までお仕事、みたいなことができるからね(私、夜型)。

でもね、「在宅」で「フリーランス」っていう働き方を周りに理解してもらえるまで、10年くらいかかったんじゃないかなーって思うんだ。特に、「働く = 正社員で終身雇用」っていう方程式で生きてきた私の両親にとって、「通勤もせず決まった雇用主もなく、家で仕事」は、そのコンセプトがかなり理解しにくかったみたい。家にいるっていうだけで時間に融通が利く(つまりヒマ?)って思われていたし、正社員じゃないっていうだけでお小遣い程度の収入しか得られていないんだろうって思われていたみたいなんだよね。

例えばね、会社員になる前に私、数か月だけフリーランス的なことをやってたんだけど、その時って実家暮らしだったんだよね。そうするとさ、「今仕事中だから」って何度言っても「ちょっと(部屋から)出てきてあれ手伝って」とか「どこそこにちょっと買い物行ってきて」とか「ナントカさんの家までちょっと車で送って」とかって1日にそれはもう何度となく親に用事を頼まれて、お仕事に全然集中できなかったりね(笑)。

その数年後には会社員時代を経てフリーランスとして独立したんだけど、母親とランチに行くたびに「旦那さんが稼いでくれるからこうしてランチできるのよね〜、ありがたいわね〜」って同意を求められたりして。いやいやいや、私、自分で稼いだお金でランチしてるから... って説明するのもなんか面倒くさくてスルーしてたけど、「在宅フリーランスって一般的にそういう印象なのかな?」って思ったよね。そういえば知人にも「家にいるんだよね?私仕事だからかわりにヤフオク落札しておいてくれない?」とか「ライブのチケット取りたいけど私仕事だから○○時にどこそこに電話してくれる?」とか言ってくる人いたなー。え〜っと、私も仕事なんですが...(笑)。

最近はフリーランスっていう言葉も働き方も社会に浸透したようで、ついに親にもそれなりに理解してもらえるようになった気がするよ〜。いや〜、長かったなあ。今はランチのお誘いでも、最初にスケジュールどんな感じか聞いてくれるからありがたいな。たまに「どんなお仕事をしてるの?」って興味持って聞いてくれたりするようにもなったしね。NDAあるからほとんどお話しできないけれど、それでもちょっと嬉しいな。

時代が変われば認識も変わるんだなあって思ったよ。フリーランスで何を仕事にするかは人によるけれど、「フリーランス」っていう働き方はこれからも存在すると思うんだよね。だから、今後興味持った人が参入しやすくなるように、もっともっと情報が増えて理解も深まるといいな、と思うよ〜。

posted by まみ at 00:00| 職のハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする