2018年06月22日

お仕事バタバタ

20180622.jpg

あるお仕事をしてる途中で「お客様からストップがかかった」と連絡があって、そのお仕事はやったところまでひとまず納品し、急きょ空いた時間で読書でもしようかと数ページ読めば、そこで今度は新しいお仕事が割と急ぎな感じで入ってきて、それも納品してやれやれと思ったらすでに次のお仕事が始まるタイミングになっていて、それにとりかかっていたら他のお客様からのメールがなんかうまくiPhoneに転送されていなかったことに気付いて慌てて返答して、そのお客様のお仕事は断りたくないから他のお仕事のスケジュール調整にあれこれ悩んで。

なんかバタバタしていたら、食料品の買い出しに行くタイミングを逃し、読書をするタイミングを逃し、友達からのLINEも読めてないし、ほかにもなんかいろいろ忘れている気がする〜 (あれ? 洗濯物干したっけ? 笑)

平和であれこれスムーズな日々が続くかと思えば、なんかいろんなことがゴチャゴチャっとなる日々もあったりするよね〜。

フリーランス仲間のみんな、
バタバタしながらこれからも頑張ろうね〜♪

posted by まみ at 23:23| 職のハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

人生の大先輩と丸の内ランチ

20180528(1).jpg

フリーランスって、たぶんどんな業種でもそうだと思うんだけど、フリーとして独立した年齢も、独立しようと思った理由も、独立するまでいた業界も、独立するためにしたことも、独立してからしたことも、本当に三者三様。

誰と話をしても「世の中ってそんなことがあるんだ〜」「すごい人生だ〜」とビックリしたり感動したり。そんなだから、フリー歴の長短に関わらず、出会うみなさん一人ひとりが、私の知らない世界や努力を知る「先生」なんだよね。私はそんな先生たちに、いつだって興味津々!それに、学べることはぜーんぶ学びたい!って思ってるんだ〜。

先日は、そんな「あの人とおしゃべりしてみたい!いろんなことを学びたい!」と常々思っていた人生の大先輩同業者さんが、上京に合わせてわざわざ「ランチどう?」と声をかけてくださって、喜び勇んで行ってきた〜♪その方はその方で、私の専門&興味分野でいろいろと質問があったらしく、お役にたてることなら何でも!とちょっとだけだけど予習して、資料持って、ごーごー!

この日のランチは、丸ビル6Fの「御影蔵」で刺身膳にしたよ。

20180528(2).jpg

ゆったりと落ち着いた内装で、席数は多いけれど騒がしい雰囲気もなく、とても居心地よかったな〜。ごはんは白米と炊き込みご飯が選べる仕様になってて、高菜とじゃこの炊き込みご飯を頼んでみたら、とっても美味しかった〜♡

一回り以上も上の人生の大先輩は、お話が面白く、聞き上手。お仕事に対する姿勢も参考になることばかりで、たくさん刺激を受けることができたよ。

それはそうと、業界のいわゆる「すごい方」とか「偉い方」とお会いするたびに思うんだけど、そういう方たちはブレない自分軸と自信を持っていらして、みなさん本当にステキなんだよね。「自分」と「自信」があるから、どこまでも謙虚だし、年下の人間に教えを乞うことにも抵抗がない感じ。私もしっかりと先達に学ばなければ。がんばろ。

気付けばお店のランチタイムが終わり閉店の時間になっちゃって、二人してお店を追い出されちゃったけど(笑)、そのくらい夢中でおしゃべりしちゃった!楽しかったな〜。

たまにこういうイベントがあると、「これからもがんばろっ♪」って思えていいね。うん。


posted by まみ at 20:22| 職のハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

日日翻訳

20180519.jpg

私のお仕事は日本語で書かれた文書を英語に翻訳することで、いわゆるビジネス翻訳もするんだけど、得意分野というか専門は学術論文なんだよね。それでいろんな原稿を目にするんだけど、論文翻訳のお仕事で何に一番時間を費やすかと言うと、日日翻訳なんだ。

執筆者さんから送られてくる日本語原稿は多くの場合、主語が抜けていたり、目的語が抜けていたり、言葉の選択がおかしかったり、ロジックがおかしかったり、表記の揺れが多かったりで、そのままでは翻訳できないから、まずは執筆者さんにあれこれ質問しながら、日本語を、日英翻訳作業に耐えうる日本語に翻訳しなおすんだよね。これが日日翻訳。

翻訳すべき文字数だけを見ると1日で終わるはずのお仕事も、たいていの場合、最初の3〜4日は日日翻訳に必要で(質問の答えがすぐにかえってくるわけでもないからね)、1日で日英翻訳をして納品して、次の2日ほどかけて、執筆者さんと話し合いながら納品後の調整を行う感じなんだ。日日翻訳は日英翻訳に必要な作業だけど報酬をいただけるわけではないから(しかも執筆者さんは自分の日本語が日本語に再翻訳されているなんて、きっと夢にも思っていないはず)、案件にかける日にちが多くなればなるほど、1日あたりの報酬がどんどん目減りして行っちゃう〜(笑)。

でもねでもね、せっかく書き上げられた論文だからね、大事に丁寧にあつかって、良い英語版を仕上げたいんだ。ジャーナルへの投稿を考えたら、なおさら。だから、報酬が目減りしていっても、「やだー!」とか思ったことはないんだ♪ これがビジネス翻訳だったらかなりビターな気持ちになっちゃうから(笑)、私は論文翻訳がとっても好きなんだな〜って思うんだ♡

今はビジネス翻訳も論文翻訳もしているけれど、いずれ論文翻訳一本にしぼれたら最高だな〜♡♡

posted by まみ at 23:04| 職のハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする