2017年09月01日

単価交渉のススメ

20170901.jpg

会社員時代は、会社員でいつづけるだけで、毎年昇給した。
フリーランスとなると、そうはいかない。

翻訳業の場合、自主的に単価を見直してくれるステキな翻訳会社もたま〜にあるらしい。でも、たいていの場合翻訳会社って、「翻訳者に支払う単価は1円でも低く抑えたい。一度単価を設定したら、そこから1円たりとも上げたくない」と思ってるんじゃないかな。もしかすると、「単価を上げてくださーい (^人^)」は、翻訳者から聞きたくない言葉No.1かもしれないね。

でもさ、実務年数が増えて翻訳技術が向上すれば、その分商品(訳文)のお値段が上がるのはあたりまえよね。美容院で店長さんとふつうのスタイリストさんとでは施術料やら技術料やらが違うじゃない?それと一緒だと思うの。もし何年もずっと同じ単価で技術を提供し続けているとすれば、取引先にとっては御の字だろうけど、「私、何年経っても全然技術が向上しませ〜ん」と自分で認めてることになっちゃう。だから、「うむ!そろそろだな!」と思った頃合いで、単価の見直しをお願いしよう。

そうは言っても、「もっとお金が欲しいでーす♡」的なことって言いづらいなと思ってる人多いと思うし、単価交渉に失敗したらどうしようと思ってる人も多いかもしれない。でも、大丈夫!単価交渉してる人は多いから先方は慣れてる(はずだ)し、交渉に失敗したところで世界が終わるわけじゃないもの。単価の見直しに応じてもらえない場合は、より高い単価で取引してくれる取引先を見つけちゃえばいいハナシ。新しい取引先とのお仕事が軌道に乗ったところで、交渉に応じてくれなかった取引先には「残念だけど、この単価ではお仕事できなくなっちゃいましたー」ってゴメンねしてさよならすればいいよ。そこでもしその取引先が「単価を上げたくないって言っちゃったけど、辞めるなんて言うと思わなかった (> <)!」と焦ってくれれば、そこですんなり単価が上がるはず。遠慮なく希望単価を告げよう。

私たち翻訳者は多くの場合、翻訳会社のトライアルを受けて合格すれば登録につながり、仕事がもらえる(かもしれない)というプロセスを踏むよね。そうするとどうしても「翻訳会社に選ばれたい。お仕事いただきたい。」みたいな気持ちになっちゃうかもしれない。でもね、翻訳会社ってそもそも、私たち翻訳者がいなければどうにもならないビジネスじゃん(それに対して私たち翻訳者は、星の数ほど翻訳会社が存在するこの世界、数社程度からお仕事もらえなくても困らないケドね)。

翻訳会社は対価を支払い訳文を手に入れたい。翻訳者は訳文を作成しその対価を得たい。私たちの立場は対等なはず。私たちの技術を適切に評価し、対等な立場で接してくれる翻訳会社とお仕事しましょ。

あ、あとね、交渉時のメールは送信したものも受信したものも、全て保存しておこうね。交渉を何度か繰り返すうちに、自分にとって「交渉が成功しやすいメール」のパターンが見えてくるはずだから。

みんな、グッドラック☆

posted by まみ at 18:21| フリーランス生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

独立のタイミング

20170827.jpg

「会社を辞めてフリーランス翻訳者として独立したいけど、タイミングが分からない」という相談をたまに受けるんだけど、よくよく聞いてみるとみんな行き着くところは「独立したいけど、これまでの安定した生活と収入を手放すのが怖い」なんだよね。

そりゃそうだよね。この先やっていけるか不安だよね。うん、うん、分かる。

でもさ、「フリーランスに...」って言い始める人たちは、やっぱりそれがいつも心の中にあるから言葉にするわけじゃん?そういう人たちってハタから見てると、無意識のうちに独立に向かって歩みを進めてるような気がするんだよね。ただ、それと同時に「独立してダメだったらどうしよう」っていう不安が拭えないっぽい印象かな。「稼げなかったらどうしよう?生活費もままならなくなったらどうしよう?」みたいな。それで、「もっと勉強してからでないと」とか言いながら、チャンスを逃したりついつい先延ばししちゃったりすること、あるんじゃないかな。それなら逆に聞くけど、あとどれだけ勉強したら、フリーランスでやっていけるって100%自信が持てるのかな。

こんなこと言っていいのか分かんないケド、ダメな時はダメだし、うまくいく時はうまくいくんだよ。だから安心して(?)最初の一歩を踏み出せばいいと思うよ。

20代とか30代ならさ、失敗したらまたどこかで職を探せばいいよ。「独立したのはいいけど、例えば10年後に廃業したらどうしよう、そんな年齢じゃもう再就職ムリ」とか思う人いるかもしれないけど、そもそもフリーランスって最初の1年で30%は廃業するらしいから、再就職間に合うよね!(笑)そんで、10年間生き延びることができるのは10%程度っていうから、廃業した順にみなさん再就職すればいいし(笑)、もし10年間フリーでお仕事続けられたんだったら、それ以降も大丈夫なんじゃないかなと思うぞ。

40代以降のみなさんは、フリーランスとして独立して勝算あるかどうか判断できるくらいのビジネスセンス、それまでの社会人生活で身に付いてるよね?

どっちにしても翻訳業で独立する場合は、円満な退職がおすすめだよ(いや、どんな場合であっても円満退職はおススメしたいけど)。私の例でいえば、元取引先がお仕事くれたり、元同僚が転職先からお仕事くれたりしたから。こういうありがたいつながりがあると、独立直後なんかは特に助かったりするよ。

知らない世界に飛び込むのってこわいし、私もこわかった。だからこわいって言う人の気持ちすごーく分かる。でもね、飛び込んでしまえばなんとなかなるっていう経験も、たくさんしたよ(いまだに試行錯誤は続いてるけどね・笑)。個人的にはさ、コツコツと準備を進めてると、なにかのタイミングで「今が独立のチャンス!」って瞬間が、なんとなく直観として分かるんじゃないかなって思うんだよね。そんな時は、直感に従って勢いに乗ってみてもいいんじゃないかなと思うよ。

フリーランス翻訳者を目指してるみなさん、がんばれ♡

posted by まみ at 22:25| フリーランス生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

「ずぼらヨガ」

20170821.jpg

いやー、いい本をみつけたよ!

本当に名前のとおり、ずぼらでも、ちょいちょいっとヨガしてリフレッシュできる〜♪

ポーズの種類はそんなに多くないし、難しいポーズもないんだけど、どれも気持ちよいものばかり。私はヨガを始めて5年ほどになるんだけど、この本にはヨガレッスンでふだん学ぶような、「このポーズでは体のこのあたりが気持ちよく伸びてるのを感じて〜」とか、「必要な筋肉にしっかりアプローチしているのが大事」みたいなことが書いてあって、とても好感が持てる♡

今ってヨガの動画がとてもたくさんアップされてて、ヨガを学んだことがない人でも動画を観ながらポーズが取れたりするよね。でもさ、動画のインストラクターって当たり前のように美しくポーズをとれちゃうし、説明もどんどん流れていってしまって、個々のポーズのコツや効果を覚えておくって難しいよね。そもそもヨガって、美しいポーズを取るのに集中するより、そのポーズが目指す足の力の入れ具合とか、姿勢とか、体のひねり方になんかにしっかり気が配れているかどうかが大事なんだけども。

その点、この本は、どの筋肉にアプローチするとか目線はどこに持っていくとか、とても丁寧にポーズの取り方が書いてあって、良い!しかもポーズは、デスクについたままとかそのそばで取れるし、特に着替えたりヨガマット敷いたりというのも不要。

なんかベタぼめになっちゃったけど、PCの前で何時間も過ごす皆さんにおすすめしたいわ。ただ、紙の本だとちょっと不便なので(どうしても勝手に閉じちゃうしね)、電子書籍で買うのがいいと思うよ〜。(← しかも紙よりちょっと安いし♪)



posted by まみ at 00:54| フリーランス生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする