2018年04月27日

その記事、一発0点。

20180427(1).jpg

ちょっと前に目にしたネットニュース記事に、びっくりしたよ〜。

とある芸能人さんがアレしてコレして炎上、っていう記事だったんだけど、読んですぐ「なにこれ?」って思っちゃった。

それはなぜかというとね、その記事には、その芸能人さんに向けた一般人の批判コメントがいくつか羅列されているだけで、その正当性も妥当性も、全く検証がないんだよね。さらに、その芸能人さんが誰でどこでなにをしたのかっていう情報は全て揃っているというのに、ご本人にも、ご本人が利用した施設にも問い合わせナシ。もっとさらに言うと、記事にある情報は全て、私でも20分あればネットで拾える程度のもの。

つまり、ネットにすでにある情報を「記事っぽい」体裁にまとめただけのレポート文みたいな感じだったんだよね。そしてその記者さんの着地点はどこだったかというと「私も批判した人たちと同意見です〜」だったの。記事はここでおしまい。

ちなみにだけど、批判コメントについては、1回当事者に問い合わせるか、10分程度ネットでリサーチするだけで、「事情をちゃんと分かっていない一般人が、早とちりした上に感情的になって投稿したコメント」であることが分かるはずなんだよね〜。記者さんも、取材するなりリサーチするなりしていれば、批判コメントに疑問を持ったはずだし、「私も批判した人たちと同意見です〜」っていう結論とは別の方向に、話が展開したんじゃないかなって思うんだよね。

情報を全てネットだけから引っぱってきて、批判コメントの妥当性も正当性も検討せず、根拠のない意見(というか感想)で記事完成!って、ちょっと面倒くさがりすぎじゃないかしら〜?これじゃ思わず「なにこれ?」ってなっちゃうし、「記事って呼ぶ価値あるの?」って疑問に思うし、そもそもネットニュースサイトは、これ書いた人にお金払ったの??ってサイトのレベルまで疑っちゃう (> <)。

会社員時代、いろんな人が書いたいろんな書類を見たけれど、この程度の内容で書類を出そうものなら「一発0点」で読んでもらえなかったし、大学時代の論文だってそうだったよ。

私みたいな一般人が「楽しくブログ書いてま〜す」程度なら全然いいと思うの。でもね、いくらゴシップ寄りとはいえ、まがりなりにも「ニュース」と銘打たれたサイトに載せる記事なら、ちゃんと内容のある文章を読者に提供してほしいな〜。

ネットニュース記事を書く皆様、よろしくお願いしまーす♡


posted by まみ at 16:09| 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月24日

便利食材と調味料に感謝の日々だ♡

20180424(1).jpg

ヒマでも忙しくても、毎日食事はしなきゃだよね。

時間がある時は、あれこれレシピを見たりしてノンビリ楽しくお料理できるから、ノープロブレム。でも、仕事をしている時っていうか、特に納期が迫ってきている時には、なかなかそうもいかなかったりするんだよね〜。

そんな時のために、うちには簡単にできる中華料理の素だったり、出来合いのパスタソースだったり、電子レンジにお任せの冷凍食品っだったりと、便利アイテムが結構そろってるんだ。一品だけでもあっという間に作れたりすると、お料理時間を全体的にぐっと圧縮できるんだよね〜。

そういうのを使った日には、「いただきまーす、XXXさん(←メーカーの名前)ありがとうっ!!」って言って食べ始めたりするよ(笑)。だって、これがなかったら、毎日大変過ぎちゃうもの。

いやあ〜、本当に感謝だな♡

ちなみに、世の中いろんな便利調味料があると思うんだけど、ここ数年のイチオシは、これ!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バジルオイルソース25g(50ヶセット)【日本食研】【業務用】
価格:2565円(税込、送料別) (2018/4/24時点)



日本食研のバジルオイルソース。

お肉にもお魚にも使えるし、自分でソース作って味付けして...っていう手間が省けるから便利なんだ〜♡ただこれ、業務用だから50袋入りとかなんだけど、賞味期限が製造日から180日なんだよね。そうすると一番余裕があっても4日に1回程度のペースで使うことになっちゃって、それはちょっとハード。私の場合は、両親や兄夫婦に、使うの手伝ってもらったりしているよ。

あとね、昨年札幌で買った豚丼のタレもとっても便利だったな〜。あっという間になんか作んなきゃ!っていう時には、それこそ、このタレからめながらお肉焼いて、サトウのご飯あっためてそれにのっけって、最後に白髪ねぎで、瞬く間に完成〜!!とってもお世話になった記憶だよ〜。通販あるかな?って思ったら、余裕であった(笑)。



同業者友達にも同じものをお土産にしたんだけど、みんな「納期前にこれがあって助かった!」って言ってくれたんだ〜♪ よかったよかった!

世の中には「便利アイテムを使うなんて愛情が感じられない」みたいな意見もあるみたいだけど、私個人の意見としては、「忙しくても、こういうアイテムを駆使しながら、毎日食卓に温かい食事を並べようとする愛情」を、もっともっと評価してほしいぞ、と思うんだ〜。

みんなはどんな便利アイテムを使ってるんだろう〜?
興味津々だな♡

posted by まみ at 16:26| 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月20日

お返し文化

20180420.jpg

少し前に実家で法事があって、頑張って早起きして行ってきたよ〜。

当日はずっと風が強くて、お坊さん以外全員髪ぼっさぼさになっちゃった!(笑)

それはさておき、先日実家から、お供えのお返しが送られてきたんだよね。せっかくの心遣いだからありがたく受け取ったんだけれど、内心「そんなのいいのにー。その分で美味しい物でも食べに行けばいいのにー。」って思ったよ。

水引をかけた袋にお金を包む時って、人生の中でとても大きなイベントが発生した時だよね。そういう時ってバタバタするし、何かと物入りだと思うんだよね。だから、包む側の私としては、「ありがとう」って言ってもらえるだけで十分すぎるほど十分で、お返しなんて考えずに全部使ってもらえたらって思っちゃう。余ったらそれはそれで、後に何かの役に立つかもしれないしね。

こんなこと考えてると「お友達に手土産を渡すのとは違うんだから!」って怒られちゃいそうだし、世間からは「ちゃんとした」大人と思われないかも?

でも、やっぱりなんというか、「これだけもらったから、後でこれだけ返さないと」って思うのも、「これだけ渡したから、お返しはこのくらいかな」って思うのも、私はあんまり好きになれないな〜。

善意には「ありがとう」でいいと思うんだよね。
いつかなにかのきっかけでその善意が返されることがあれば、それでいいじゃん、って。


posted by まみ at 19:29| 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする