2017年08月25日

皆既日食と自然

20170825.jpg

アメリカで皆既日食があったね。

日本からは観測できなかったから、私はNASAのインスタで、美しい写真を堪能したよ〜。

ところで今日、Live Scienceっていうウェブサイトでこんな記事を見つけたよ。

The Solar Eclipse Had a Spooky Effect on Nature


超ざっくりかいつまんで言うと、皆既日食中、自然界の様々な動植物が、ちょっとおかしな行動をしたり、ふだんは夜にだけ見せるしぐさや反応を見せたりしたよ、というお話。iNaturalistというアプリを通じて一般ユーザから寄せられた報告によると、日が沈むと閉じる花は閉じ、夜に身づくろいをする動物は身づくろいをしたそう。その他にも普段は見せないような動きを見せた動物のエピソードもあったりして、地球上の自然はこんな風に宇宙に影響されているのだなあと興味深く記事を読んだよ。

ところで自然界の様々な動植物というと、私たち人間ももちろんその一部。だから他の動植物のように生物学的なレベルで皆既日食の影響を受けても良いはずなんだろうけど、私たちは他の動植物の「観測者」としてこのイベントを楽しんだというのがちょっぴり不思議。私たちが皆既日食中、例えば睡魔に負けるといったようなことがないのは、「まだ眠くなるべき時間じゃない」という理性が皆既日食の影響に勝っているということなのかしら?それとも、気付かないところでちゃんと何らかの影響を受けているのかな。

どうなんだろー?

posted by まみ at 19:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする