2017年08月24日

iPhoneのユーザ辞書が消えたハナシ

20170824.JPG

iPhoneにはユーザ辞書っていうのがあって、例えば「こーひー」ってタイプすると画面に「☕」の絵文字が入力されるよう設定できたりする。私の場合は仕事メール用にこの機能を利用していて、たとえば、「いつもた」と入力するだけで「いつも大変お世話になっております。XXX(←私の苗字)です。」と一気に変換されるようになっていたり、取引先名も同じような感じで、ひらがな数文字で社名から担当者名までサクッと画面に入力されるように設定してある。

それがこの前、いくら「いつもた」とタイプしても、うまくいかない。あれ?と思いながらも今度は取引先名を入力しようとしたところ、やっぱりちゃんと変換されない。あれれ?

おかしいなと思って念のためユーザ辞書を確認したところ、なんと登録した単語がキレイさっぱり全部消えていた。えー?なんでー?!

自分で設定をいじった記憶もなく、不思議に思ってググってみれば、同じような問題に遭遇した人たちのブログ記事が次から次へとヒットした。あらまー。わりと前からこの問題、いろんな人に起こっている様子。

あちこち読んでみて分かったのは、解決法は大まかに二通り。一つめはiCloudを使った解決法なんだけど、私はiCloudを使っていないのでこの方法はナシ。もう一つは、iPhoneの「設定」⇒「一般」⇒「リセット」⇒「すべての設定をリセット」という方法。ふむ、こっちを試すしかないな。

データやメディアは削除することなく設定をリセットします、ということでさっそく実行してみると...

やったあ!ユーザ辞書、登録した単語がぜーんぶ戻ってきた♡

それはよかったんだけど、思いのほかいろんな設定がリセットされてたわ。

まず目についたのは、壁紙。そ、そこから?! と思って壁紙を設定しなおそうとしたら、そもそもTouch IDでロックの解除ができない。ぐぬぬ...。ならばTouch IDに指紋を登録しなおして、壁紙も再設定して....そうこうしているうちにメッセージを受信したのだけど、今度はMMS用のアドレスを設定してねとダイアログが表示される(んもー)。さらにふと気づけば、自宅のWiFiも設定なくなってて、これもパスワード入力しなおし。今のところあと気が付いたのはアラームも設定しなおしってことかしら。

あれこれ設定しなおして普段使ってるアプリを開いてみると、位置情報サービスどうする?みたいなダイアログが出てくることがあって、これはいろんなアプリを開いた時にこれからもありそう。め、めんどうくさい...(>_<)

でも、「データは消去されない」とあった通り、メールとかSNSとか音楽とかPodcastみたいなのはキッチリ全部残っていたから一安心。いやー、設定をリセットなんてしたことなかったから、ドキドキしたけど、無事なんとかなったよー。よかった!

それにしても便利な世の中だよね。困った時にはいつだってこうして、解決方法をググることができるのだから。ありがたや、ありがたや(^人^)

posted by まみ at 15:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする