2017年08月08日

「インスタ映え」に思うこと

20170808.jpg

「インスタ映えするなんちゃら」みたいなフレーズ、ほぼ毎日目にするよね。

なかでも「インスタ映えするスイーツ」系はまとめサイトなんかでもちょいちょい紹介されてて、「ほほー」と思う。そもそも料理って舌で味わう前に目でも楽しみたいものだから、プレゼンテーションって大事よね。その上で素晴らしい写真写り(インスタ映えってそういうことだよね?)が飲食店の集客力となるのであれば、よかったね、と思う。

インスタグラムのユーザさんが、「インスタ映えするスイーツ」とか目指してそのお店に行くのもいいと思うし、その気持ちも分かる。だって、みんなに「わぁ♡」「かわいい!」って言ってもらえる写真が撮れちゃうんだものね ... たとえ普段の写真がアレなレベルでも(← 超失礼)。

でもさ、私の周りにいる素晴らしいセンスを備えた友人とか、プロの写真家さんとかって、特にみんなが「インスタ映え」を意識しないような物や景色まで、インスタ映えさせてしまうことができるんだよね。そういう人たちを見てると、写真に対して「わぁ♡」って言ってもらうのに、「インスタ映えするなんちゃら」は不要なんだよね。

で、そうなると、そもそも「インスタ映え」ってなに?とか思ってしまって、私の脳内では「インスタ映え(笑)」に変換されちゃうというか、「インスタ映え」という言葉自体が幻みたいに感じちゃたりするんだよね。考え過ぎだよね!(笑)

しかもそんなことアレコレ言いながら、私もちゃっかりインスタ使ってるけどね!(笑)

posted by まみ at 10:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする