2017年07月27日

安売りダメ、絶対。

20170727.jpg

とても安い洋服を買った時。
とても安く食事をした時。

その洋服が気に入れば「○○円にしてはなかなか使えるわー」と思い、その料理が美味しければ「○○円にしてはなかなか美味しいよね」と思う。でも、「いやいやこれ本当はその3倍くらいの価値があるでしょ。今からでもお店に値札の3倍払いに行こう」なんて思う人はそういないよね。

翻訳、っていうか、どのお仕事も同じじゃないだろうか、と思う。

どんなにいいお仕事をしても、安く提供してしまえば「○○円にしてはいいんじゃない?」と言われて終了。決して「○○円って言われたけど、今からでも "その倍払いたい" って伝えよう」なんてお客様は思ってはくれないよ。これ、自分が客の立場なら分かるよね。

どうせ同じいい仕事をするならさ、「ちょっと高かったけど、その価値あったわ」と言われようよ。そうなるように自分をマーケティングしていこうよ。

世の中には、技術に見合った対価を快く支払ってくれる人や会社、探せばちゃんと存在するよ。

posted by まみ at 10:00| フリーランス生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする