2017年07月23日

瞑想中に眠くなっちゃう問題

20170723.jpg

瞑想。

集中力をつけることを目的に続けているんだけど、途中で眠くなっちゃって、首が「ガクッ!」ってなることがよくある。お仕事で寝不足が続いてる時とかならまだしも、しっかり元気で瞑想もやる気まんまんっていう日にまでウトウトしちゃうもんだから悩ましい。

で、さっそく解決策を探すべくグーグル先生に聞いてみたところ、とあるヨガスタジオのブログに行きついたんだよね。

そしたら「瞑想中に寝てしまっても良いのでしょうか?」みたいな質問があって、それに対するインストラクターからの回答が・・・

「どうでもいい」 だった。

「どうでもいい」て!と思って読み進めてみると、要するに、瞑想中寝てしまって誰が困るんだってはなし。誰に迷惑かけてるんだってはなし。さらに言うと、寝ちゃったら疲れが取れるんだからいいじゃんってはなしだった。

あー、なるほどー、確かに。うん、そうね、もう「どうでもいい」わ(ということで悩み解決)。

それにしても、「どうでもいい」って一言が目に飛び込んできた瞬間、心に衝撃が走ったよ。ここ最近市民権を得た「パワーワード」と言う表現を借りるなら、「どうでもいい」は私にとって完全にパワーワードだわ。

私の人生っていうか日常生活って、「どうでもいい」で片づけてしまえる悩みが多いかもしれない。自分も他人も困らないし特に悪い結末が待ち受けるわけでもない。それなのに、どうしようどうしよう、ああするべきかこうするべきか、みたいに考えちゃう感じ。なんか「どうでもいい」ことに、これまでけっこう時間も心も無駄遣いしちゃったなっていう気がしてきた。

これからは悩む前にそれが「どうでもいい」ことかどうか、ちょっと考えよう。
これで人生のムダが少しでも減れば儲け物だ。

posted by まみ at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする