2017年07月13日

連休

20170713(1).jpg

先日いつもの仲間と自習会をしていて、ふと疑問に思ったことをたずねてみた。

「ねーねー、ここ数日みんなして火曜日に訳文納品してくれって言うんだけど、なんなの?トレンド?火曜日納品がはやってるの?」

なんのことはなかった。来週月曜日は海の日でお休み。連休。そう仲間が教えてくれた。

暦通りにお仕事してる人(私の周りでは会社員さんが多いかな)に同じことを言うと「海の日。連休じゃん。アタマ大丈夫?」ってすぐ言われちゃうんだけど(笑)、その点、私のフリーランス仲間に限って言えば、「連休とかよく分かってない」がデフォルトだから、みんなとても親切に「あ、連休がくるんだよ〜」って教えてくれる。なんなら「連休が来る」ことに気付いた人から周りに「連休が来るよー」って教えてくれて、Twitter上で同業者伝言ゲームみたいになったりする(そして連休が始まる直前になっても「え!連休なの?!」と驚く人が一定数いる・笑)。

会社員からフリーランスになると、「カルチャーショック」って思えるほど生活が一変する。その中でも多く聞く変化の一つが、「曜日が分からなくなった」かもしれない。もちろん業種によるんだろうけど、例えば私のようにカレンダーを「納品日」と「そうじゃない日」という視点からしか見ない人間にとっては、何曜日が納品日かは分かったとしても、納品日じゃない日に「今日何曜日だと思う?」と聞いたところで正確に答えられない気がする。でも「納品日まであと何日?」っていう質問は得意よ。

私と私の周りだけかもしれないけど、フリーランスって、わりとそんな感じ(かも)。

今回の自習会は久しぶりにBubby's。キーライムパイとチェリーパイとで迷った末に、チェリーパイにしたよ。夏はさっぱりめの味が美味しく感じる♪

20170713(2).jpeg


posted by まみ at 22:03| フリーランス生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

インプットが必要。

20170710.jpg

仕事仕事の毎日が続いて読書する時間が取れなくなると、仕事をしていてだんだん言葉が枯渇してくるような感じをおぼえる。創造的に言葉を紡ぐことを脳が拒否しはじめて、「あ、私、使い古した単語やフレーズに逃げてる」と分かっているのに、その流れを止めることができなくなる。ほどなくして、「インプットが必要だ」と心が焦り始める。

同業者にこの話をすると「わかる!」と言ってもらえるのだけど、他の職業でも同じようなことってあるのかしら。

「インプット」とは娯楽的な読書だ。仕事柄毎日かなりの量を読むけれど、それはもちろん仕事に関する資料がほとんど。それがとても興味深かったりすると、時間を忘れて読みふけっちゃって、さらには芋づる式に関連する資料もあれやこれやと読んじゃうこともあるけれど(翻訳者あるある)、それは私の中では「インプット」にはならない。寝食を忘れて没頭できる、仕事とは無関係な読書。それが私の「インプット」であり、心身がそれを無性に求める時がある。

ここ数週間ほど休みなく長時間仕事を続けたせいで、私のアウトプットはすっかり枯渇し、どうしようもなくなって、週末は本を読むために仕事を休んだ。読めたのはノンフィクションと小説の2冊だけだったけれど、それぞれを読み終わるたびに「満たされたー!」と大きく満足な息をつくことができた。

本当は毎日少しずつでもこうしてインプットできればいいのだけど、仕事がたてこんでしまうと、なかなかね。それでもやっぱり、こうして満たされるたびに、「もっとインプットの時間を取らねば」と思う。

さあ、新しい週が始まる。
少しリフレッシュできた脳で、新しい案件に挑もう。

posted by まみ at 10:00| フリーランス生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

七夕

20170708.jpg

昨日は七夕だったね。

私が住んでいる地域の七夕は、「曇りなんだけど夜には雨が降り始めてしまいそうな雰囲気」っていうパターンがこれまで多かった気がして、昨日丸一日晴れていたことに多少驚いた。

昨日は金曜日で、私は毎週金曜日ヨガを習いに行っている(かれこれもう5年? 6年?体が柔らかくなる気配は全くないけど・笑)。その帰りにヨガスタジオからほど近いショッピングモールに寄ったりすることがあるのだけど、昨日はさすがにモールの入り口、出口、広めのスペースといった場所に、買い物客が短冊に願い事を書いて笹につるせるようになっていた。ちらっと見ながら通り過ぎただけだったけど、それはそれは数多くの短冊で、みんなそれぞれ願いがかなうといいなと思ったよ。

私なら何を書くかな。

夏、というか暑いのが苦手だから「早く秋になりますように(^人^)」って書きたいとか冗談で思うことはある。でも、本当に願いたいのはやっぱり「暴力のない平和な世界」だなって思う。

ちなみに私の口癖は「Can't we just get along? (もー、みんな、仲良くしようよー)」で「I'm so against violence(暴力超反対!)」だ。夫はいつも、「君が先に死んだらお墓に "Can't we just get along?" って彫ってあげるね」と言ってくれている(笑)。

人類の歴史はその節目節目に戦いがあって暴力があって、古くは古代ローマ時代にはすでに「歴史家」なる人々が存在して、人類の過去を学び、それをこれからの世界に生かそうとしてきた。私たちも過去から学び、反省するべきは反省し、次に生かすべきなのに、世界のそこかしこで続く大なり小なりの衝突について、ニュースで見聞きしない日はない。そしてこんな状況でも、一応世界は「ここ70年ほどが歴史上もっとも平和で安定した世界情勢だ」ということになっている。

これから100年先、200年先。
いつの日か、世界から理不尽な暴力がなくなってほしいと思う。
誰もが平和を「当然のこと」として受け止められる日が来てほしいと思う。

posted by まみ at 12:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする