2018年05月20日

やる気ゼロの日

20180521.jpg

今日は朝目が覚めた瞬間からやる気ゼロ。とりあえず起きて珈琲飲みたいとか思いながらも、数時間ベッドでごろごろ、ごろごろ、ごろごろ〜。

仕事はないし、夫は友達とBBQに出かけていないし、お天気いいし、窓からいい風入ってくるし、なんかもう今日は家事もみーんなさぼってぐーたらすることにしたよ〜。大丈夫、ちょっとくらい部屋が汚れてても、冷蔵庫がすっからかんでも、洗濯物がたまってても、なんとかなるから。ほら、明日朝起きたらめっちゃお掃除気分とかになってるかもしれないし!(笑)

世の中のいろんなことって(←唐突)言葉で表現されていて、そこにはいろんな感情や意見がくっつくじゃない?例えばここに「やる気ゼロ」という言葉があるよね。この言葉自体は「やる気がゼロだ」という本日の私に関する事実を表現していて、それ以上でもそれ以下でもないんだけど、「やる気ゼロ」という言葉を見て「やる気がないなんてダメだ」みたいに負の感情を抱く人もいるだろうし、「わかるー、私も、私も(笑)」と共感してくれる人もいると思うんだよね。

つまり、事象を表現する言葉に意味を与えるのは、個人の感情や性格なんだろうな〜って思うの。

でね、私が日々不思議に思っていることがあるんだけど、どうして世の中多くの人が、「短い」「少ない」みたいな、数字的にマイナス方向を示す言葉を「悪いこと」ととらえてしまうんだろうね?

長時間働くことは良いことで、短めに切り上げるのは悪いこと。
忙しいのは良いことで、ヒマなのは悪いこと。
友達が多いのは良いことで、少ないのは悪いこと。
やる気があるのは良いことで、そうでないのは悪いこと。

...みたいな感じで。

世の中的にも、社会人だと特にそうかもだけど、「今日ヒマだー」とか「やる気なーい」とか、大きな声で言いづらくない?何も悪いことしてないのにね。それが「悪いこと」だって、知らず知らずのうちに教育されてしまったのかな。不思議ね。

これはとっても個人的な意見なんだけど、ヒマが心地いい日だってあるし、なーんもやる気が出ない日だってあるし、それはもう生きていれば当たり前のことだと思うんだよね。どのくらい当たり前かっていうと、お腹が空く日があればそうじゃない日もある、くらい。

そんな時に自分を「そんなのダメダメ」なんて否定する必要もないし、そんな他人に対して「ちゃんとしろよ」って態度で接するのも余計なお世話よね(そもそも「ちゃんと」って何?誰基準?)。

おなかが空かない日は、無理に食べずに1日過ごせばいいと思うし、
やる気がゼロな日は、ぬぼーっと1日過ごせばいいと思うぞ♡



posted by まみ at 16:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

日日翻訳

20180519.jpg

私のお仕事は日本語で書かれた文書を英語に翻訳することで、いわゆるビジネス翻訳もするんだけど、得意分野というか専門は学術論文なんだよね。それでいろんな原稿を目にするんだけど、論文翻訳のお仕事で何に一番時間を費やすかと言うと、日日翻訳なんだ。

執筆者さんから送られてくる日本語原稿は多くの場合、主語が抜けていたり、目的語が抜けていたり、言葉の選択がおかしかったり、ロジックがおかしかったり、表記の揺れが多かったりで、そのままでは翻訳できないから、まずは執筆者さんにあれこれ質問しながら、日本語を、日英翻訳作業に耐えうる日本語に翻訳しなおすんだよね。これが日日翻訳。

翻訳すべき文字数だけを見ると1日で終わるはずのお仕事も、たいていの場合、最初の3〜4日は日日翻訳に必要で(質問の答えがすぐにかえってくるわけでもないからね)、1日で日英翻訳をして納品して、次の2日ほどかけて、執筆者さんと話し合いながら納品後の調整を行う感じなんだ。日日翻訳は日英翻訳に必要な作業だけど報酬をいただけるわけではないから(しかも執筆者さんは自分の日本語が日本語に再翻訳されているなんて、きっと夢にも思っていないはず)、案件にかける日にちが多くなればなるほど、1日あたりの報酬がどんどん目減りして行っちゃう〜(笑)。

でもねでもね、せっかく書き上げられた論文だからね、大事に丁寧にあつかって、良い英語版を仕上げたいんだ。ジャーナルへの投稿を考えたら、なおさら。だから、報酬が目減りしていっても、「やだー!」とか思ったことはないんだ♪ これがビジネス翻訳だったらかなりビターな気持ちになっちゃうから(笑)、私は論文翻訳がとっても好きなんだな〜って思うんだ♡

今はビジネス翻訳も論文翻訳もしているけれど、いずれ論文翻訳一本にしぼれたら最高だな〜♡♡

posted by まみ at 23:04| フリーランス生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月18日

Sarabeth's (品川)

20180518.jpg

同業者友達と、品川の「Sarabeth''s」に行ってきたよ〜。

日本にオープンした当初はすごく並ぶと聞いて「じゃあ様子見ね〜」なんて思ってたんだけど、気付けばそんなのとっくの昔で、いつの間にか支店も増えたよね。品川店はアトレの4Fで、お昼の12:30にお店に到着したら、並んではいたけど2組程度だったかな。10分も待たずに席に案内してもらえたよ。

ランチもしたいけどおやつも食べたい...という願いをかなえるべく、サラダを食べてからのフレンチトースト♡

お互い近況報告もりだくさんで、珈琲を何度かおかわりしつつ、気付いたら6時間しゃべりっぱなしでビックリ!お店のはじっこのテーブルに案内してもらえたことも手伝って、ほんとのんびりおしゃべりできちゃった♪

お店には、軽く打ち合わせをしながらランチといった感じのグループから、ママ友さんかな?って感じのグループから、カップル、ファミリーまで。外からちらっと見た感じよりも席数多いし、テーブルの感覚もそこそこゆったりで、居心地良かったな〜(^ ^)。


posted by まみ at 18:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする